5月22日(火) エクセターへ
ソールズベリーからさらに南下して目的地の
エクセターへ。
着いたのは18時過ぎ。少し薄暗くなっていました。
着くとホテルのマダムが部屋を案内して下さり
窓の外が工事中だからとわざわざ
ミニシャンパンや炭酸水をお詫びの気持ちにと
用意して下さっていました。
この旅行で何度となくイギリス人の
ホスピタリティの高さを感じて感動しました。
すごく自然で暖かいのです。
ホテルに付いているレストランで夕食をとり
食後に少しお散歩してから早くに就寝しました。

ホテルの窓の外には大きな川があり、
朝には白鳥やガチョウ、カモがいてとても
可愛かったです。水鳥が大好きなので
楽しく幸せでした^^
d0165383_14043951.jpeg

左のミニテーブルにあるのが、マダムからの
お気持ち。夜に乾杯しました。
d0165383_14071293.jpeg

一泊だけでしたが、とても気持ちよく過ごせました。
d0165383_14081719.jpeg

d0165383_14085532.jpeg

夕食を食べたホテルのレストラン。
川沿いにあり、窓も多く気持ちのいい空間。
d0165383_14094958.jpeg

19時過ぎなのにこの明るさ!
ステキなレストランでした。
d0165383_14110068.jpeg

d0165383_14112592.jpeg

すごいボリューム。こちらは両方グルテンフリー。
ハンバーガーは、ポレンタ入りのバンズに
バタースクワッシュ(かぼちゃの一種)と
キドニービーンズのコロッケがサンドされていました。
ポテトもバーガーも美味しかった〜。
手前はココナッツのベジタブルカレー。
あっさりピリ辛。夫のビールを少しもらったら
とても美味しかったです^_^
d0165383_14125772.jpeg

[PR]
# by tonteku | 2018-05-22 13:57
5月20日(日)ソールズベリー大聖堂
この日は、夕方までに南部のエクセターまで
行きたかったので、やや駆け足で
途中の街を移動。
ウィンチェスターを後にして、ソールズベリーへ。
少し田舎なのか、どこかのんびり地元感漂う街。
お腹が空いていたので、大聖堂に行く前に
カフェでランチタイム。
サンドイッチのパンがホワイトかブラウンを
選べて嬉しい^^
迷わず全粒粉入りのブラウンにしました。


テラス席はどこも満員でしたが、店内はほとんど
お客さんがいなかったので、のんびり食べれました。
私はチキン、夫はスモークサーモン。
美味しかった〜。
d0165383_10172067.jpeg

ソールズベリー大聖堂です。メインの塔の鋭角なこと!
中々の迫力でした。
d0165383_10190918.jpeg

やはりここでも、大聖堂前の広場は沢山の人。
各々気持ち良さそうに過ごしている様子。
d0165383_10204093.jpeg

いくつか大聖堂を見ていると共通して、
白く明るい雰囲気だなぁと。バルセロナの大聖堂の
ように薄暗くないので、はっきりと見渡せる分、
建物だなと強く感じます。すごくきっぱり、
さっぱりした空間。
d0165383_10215615.jpeg

d0165383_10223131.jpeg


光の入り方やステンドグラスが美しかったです。
d0165383_10230301.jpeg

d0165383_10263979.jpeg
d0165383_10284221.jpeg

[PR]
# by tonteku | 2018-05-20 10:12
5月19日(土) ウィンチェスターへ
3日間過ごしたロンドンを後にして、レンタカーで
南下してエクセターを目指します。
その間に、ウィンチェスターとソールズベリーに
寄ってゴシックの大聖堂を見学する流れ。
そう今回の旅行の目的は、イギリスのゴシックの
大聖堂を見ること。結果的に他の様式の大聖堂や
寺院など7つ見る事ができました^^
移動は疲れが出やすいですが、その分
色々な街の雰囲気や特徴も感じられて
とても有意義な時間でした。


ウィンチェスターは元々、首都だった事もあり
文化的なゆとりのある空気が流れていました。
住みたい街ランキングでもいつもトップなのが
頷ける魅力ある街でした。
d0165383_17153964.jpeg


大聖堂に着くまでの建物やお庭も美しくて
歩くだけで満たされる場所。
ぜひ、また訪れたいと感じました^^
d0165383_17175706.jpeg

d0165383_17185484.jpeg


ウィンチェスター大聖堂の外観です。
晴れていたので周りの広場は老若男女、沢山の人。
寝転がったり、おしゃべりしたり、ごはんを食べたり。
みなさん、人生の楽しみ方をよく知っているんだなぁと
イギリスで何度も感じました。
d0165383_17202470.jpeg

イギリスのゴシックの大聖堂は白く明るく
とてもさっぱりしていました。
何と言うか、その国の人の内面を表しているなぁと
勝手に思いました。
d0165383_17223332.jpeg

天井にブローチのような装飾が施されて
面白いなぁと思いました。
d0165383_17243512.jpeg

d0165383_17261709.jpeg

[PR]
# by tonteku | 2018-05-19 17:08
5月18日(金)バラ・マーケット
カンタベリー大聖堂への行き帰りは雨と
電車移動ですっかり疲れた私。
帰ってのんびりしたいなぁと思っていたのですが
夫が色々下調べをしてくれて、私が好きそうな
マーケットを見つけてくれていたのです。
有難い気持ちと休みたい気持ちの狭間!
気の利く大人な妻じゃない私は、
『気持ちに応えてたいけど、疲れてるから休みたい!』ときっぱり。夫はいつものように、そうだよねーと
同意するも定期的に『どう?ちょっと行ってみる?』と
軽く誘い続けてくる始末。
ハートの強さがうらやましい!笑


結局、行って楽しかったバラマーケット。
急に晴れてきて疲れも和らいできました。
d0165383_15472067.jpeg

野菜売り場もディスプレイがおしゃれ。
d0165383_15484350.jpeg

きのこ売り場はハーブも一緒に。
d0165383_15492777.jpeg

スパイス屋さん。ピンクペッパーが安かったので
自分用に買いました。
d0165383_15501660.jpeg

d0165383_15510864.jpeg

マーケットからセントポール大聖堂まで
歩ける事が分かり移動。途中でテムズ川が。
写真を撮りながら、写真などでよく見た景色が
目の前にあるんだなぁとしみじみ。
 
d0165383_15515017.jpeg

セントポール大聖堂は、目の前の広場も
美しく気持ちのいい場所。
中もとても素晴らしく、椅子に座って少し
のんびりしました。
d0165383_15551137.jpeg

[PR]
# by tonteku | 2018-05-18 15:37
5月17日(木) 外食のコツをつかむ⁈
海外での外食は量、質ともに中々ヘビー。
イギリスではどうしようかなーと思っていましたが
私はいくつかのコツをつかみました(笑)
私なりのポイントはビーガンやベジタリアン
メニューのあるカフェなどを選ぶこと。
そう言うお店は、白く明るい気持ちのいい
空間が多くて、店員さんもとても感じが
良かったです^^
イギリスは、ベジタリアンが多いので
外のメニューをチェックすると簡単に
見つけやすいです。
あとは、昨日も書きましたがスープを
一品頼むこと。スープと言っても、日本人にしたら
それだけで充分お腹いっぱいの量。笑
そんな感じで野菜多めでスープを頼むと、
消化にも優しいので、もたれたり
食べ疲れにもなりませんでした。
おかげで美味しく、体にも優しいごはんを
楽しめて大満足でした^^


手前が私のビーガン対応のプレートです。
夫のは、サンドイッチにベーコンとチキンが
入っていました。スープはトマト味で美味しい。
サラダはスーパーフード(私は疎くて分からない笑)が
のっていました。
d0165383_10383288.jpeg

この日はロンドンから電車で1時間程移動して
カンタベリー大聖堂に行きました。
ものすごい雨と風で寒かった。
そして補修工事で外観がいまいち見えず。
d0165383_10425526.jpeg

中はこんな感じでした。
d0165383_10453077.jpeg

d0165383_10461006.jpeg

d0165383_10464074.jpeg

カンタベリーに行くのに、乗り継ぎした駅のカフェが
アメリカンでかわいかったです^^
d0165383_10510131.jpeg

d0165383_10521704.jpeg

[PR]
# by tonteku | 2018-05-17 10:27



のんびり葉山で暮らしています。
by tonteku